サラリーマン&OLコミュニティ

「三人寄れば文殊の知恵」みんなで知恵を出し合って不安や悩みを解決しよう!
現在、仲間は616 名です。→簡単!メンバー登録はこちらから

ホーム |  掲示板 |  アンケート |  年収投稿
FX:NZドル運用実績ブログ - 最新エントリ
rss rdd  最新エントリ配信

最新エントリ
2010/06/15
アバター
カテゴリ: 投資全般 : 

執筆者: 管理人 (6:44 am)
うぅ〜。

NZドルは64.37円で頭打ち。
45日線に跳ね返されて現在63.65円です。

さぁ〜このまま下降線をたどるのか?

63.4円あたりからまた右肩上がりに戻るか?

もう一度64.5円を目指して突き抜けてくれたら、一気に駆け上がってくれそうですがどうでしょうか?

好成績を収めているトレーダーさんのランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ ←ランキング参加中です。


2010/06/15
アバター
カテゴリ: 投資全般 : 

執筆者: 管理人 (12:30 am)
ぬぉぉ〜!!

サッカー見てる間に、あと0.1円で64.5円になっちゃう(><)

ちょっと予定より早過ぎだな。。。

でも、そのまま66円まで一気に吹き上がれぇ〜!!

5日線が45日線も越えちゃえば、ゴールデンクロス2連ちゃんでフィーバーだぜ!

好成績を収めているトレーダーさんのランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ ←ランキング参加中です。


2010/06/14
アバター
カテゴリ: 投資全般 : 

執筆者: 管理人 (11:47 pm)
めっちゃ久しぶりにトレードします。

1年以上ぶりかな・・・

今回こそは、本腰入れてがんばるぞ!


ということで、ざっといろんな通貨をチェック。
今回はNZドルで勝負します!


5日線が20日線を6月11日に突き抜けた。
それも角度がいい感じで急激な右上がり。

で、その後も3日間は右肩上がり。

しかも、直近の高値の64円を越えた。

そして、45日線も突き抜けようとしている。


ということで、64.5円でNZドルに買いを入れました。


45日線で跳ね返されてないことを祈りつつ・・・

65円の方が安全だったかな・・・
とすでに反省モード。

さて、どうなることやら。


■ロング用・・・通貨/NZドル
・64.5円で買い
・68円で利益確定売り決済
・62円で損切り決済

好成績を収めているトレーダーさんのランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ ←ランキング参加中です。


2009/02/23
アバター
カテゴリ: 投資全般 : 

執筆者: 管理人 (11:40 pm)
豪ドル61.6円にヒットしました。

でも、現在は61.2円程度まで円高となっています。。。
円安か円高かは判断できなかったので、ロングとショートの両方の注文を立てていましたが、こんなに早くロングでヒットするとは思いませんでした。。。

2・3日上下を繰り返して61.6円に到達した場合は、62.5円位まではすぐに上がると予想していたんですけど、1日で61.6円に到達するとは思っていませんでした。急激な上昇だったので、61.8円までで頭打ちとなり、打ち返されている状態です。

8連勝が危うくなってきました。。。。


とは言え、短期で見れば61.0円付近でサポートができているので何とか踏ん張って欲しいものです。

好成績を収めているトレーダーさんのランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ ←ランキング参加中です。


2008/12/23
アバター
カテゴリ: 投資全般 : 

執筆者: 管理人 (1:44 am)
本日は有益なサイトのご紹介です。

今回ご紹介するサイトは当サイトと相互リンクでお世話になっているサイトさんです。投資情報だけでなく、いろいろなお得情報が掲載されていますので一度ご覧ください!>>>>>ranking


...続きを読む

好成績を収めているトレーダーさんのランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ ←ランキング参加中です。


2008/09/19
アバター
カテゴリ: 投資全般 : 

執筆者: 管理人 (12:19 am)
この数日間、全世界で「株価が急落!」とか「株価が急反発!!」とか本当にめまぐるしく変動しますね。しかも、1日の値動きが大き過ぎです。

これでは、株式もそれに連動する為替も一向に手が出せません。

とはいえ、このめまぐるしい相場の変動で驚くほど稼いでいる方がいるのも事実。
凄いですね。そういう方々の才能のほんの少しでも分けて欲しいものです。


世界中の中央銀行も金融安定化へ動いていますが、まだまだ混乱は続くのでしょうね。

この状況で儲かっている人の投資法は・・・
↓↓↓

好成績を収めているトレーダーさんのランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ ←ランキング参加中です。


2008/08/21
アバター
カテゴリ: 投資全般 : 

執筆者: 管理人 (11:43 pm)
マーケットは全面的に円高となりましたね。
それもかなり急激な動きで・・・

最近は本当に安定しないですね。
円安・円高どちらに動くかさっぱり予想できません。

株式相場も同じですし、投資再開したいのですがなかなか参戦する
タイミングが読めません。。。


もうしばらく相場を見守ります。

好成績を収めているトレーダーさんのランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ ←ランキング参加中です。


2008/04/23
アバター
カテゴリ: 投資全般 : 

執筆者: 管理人 (12:10 am)
サブプライム問題が一段落し、為替マーケットも株式市場も落ち着きを取り戻したように思えますが、根拠のない楽観論から来ているようですね。

ということで、再度ちょっとした問題が勃発した時には、マーケットはまたまた嵐に襲われるのでしょうか・・・


以下記事の抜粋============================

米大手金融機関の08年1〜3月期(一部は07年12月〜08年2月期)決算が21日、ほぼ出そろった。低所得者向け高金利住宅ローン(サブプライムローン)問題の影響で、シティグループ、メリルリンチ、ワコビアの3社が最終赤字に転落、主要8社のサブプライム問題絡みの損失額は計488億ドル(約5兆円)、累計1281億ドル(約13兆2000億円)に達した。市場では「損失額は想定の範囲内」として、株価が急伸したものの、金融正常化への歩みは緒に就いたばかり。不安解消には程遠い状態が続いている。


◇証券化商品市場 機能不全に

サブプライム問題の震源地と言われている証券化商品市場。中でも住宅ローン担保証券(RMBS)を売り買いする市場では、今も「売買の成立しない機能不全状態」(日銀幹部)が続いている。1〜3月期決算で計上された各社の評価損の内訳を見ると、RMBSなどサブプライム関連の証券化商品の評価損が大半を占めており、そのほとんどは、市場で売りに出しても売れずに各社が抱えたまま、いわば「塩漬け」になっている資産だ。




...続きを読む

好成績を収めているトレーダーさんのランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ ←ランキング参加中です。


2008/04/16
アバター
カテゴリ: 投資全般 : 

執筆者: 管理人 (12:08 am)
7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)でドル安の流れが本質的に変化したとはやっぱり思えませんね。

G7では公的資金投入に前向きな姿勢も見られなかったし、資本増強などの自助努力で
現状を改善するというフレームワークも変わっていない。

ただ、システミックリスクを回避しようとするG7の姿勢は断固としたものがあるので、
金融当局がセーフティーネットを敷いているという安心感はあるのでしょうか?

ユーロ/ドルはG7後にいったんポジション調整で下落したが、
持続性があるようには思えません。

G7を経て、ドルは3月に経験したような急落を繰り返すリスクはなくなったと思いますが、
投資家のリスク回避姿勢の解消には時間を要する上、ドル金利は一層の低下が見込まれ、
基本的にドル安の流れは継続すると考えられます。

好成績を収めているトレーダーさんのランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ ←ランキング参加中です。


2008/04/13
アバター
カテゴリ: 投資全般 : 

執筆者: 管理人 (10:40 pm)
今回のG7で主要国が打ち出した最大の目玉は、日米欧の金融監督当局で作る「金融安定化フォーラム」(FSF)が提言した市場安定化策でした。

銀行、証券会社に対し、08年の中間決算までに厳格な情報開示を行うよう強く要求期限を区切り、四半期決算発表のたびに損失額が膨らむような「底無し」の不安を早期に断ち切る姿勢を打ち出しわけです。

しかし、こうした対応が市場の混乱の歯止めになるのか不明な点があります。
損失の開示を半ば強引に要請した場合、資本増強がうまく行かなかった金融機関はマーケットからの信頼を失い、経営危機に陥る可能性があります。しかし、こうなった場合の国の支援策は特に打ち出されていません。

これでは、金融システム全体の混乱を招くことは明白です。


一方、声明には約7年半ぶりに「主要通貨の急激な変動」への懸念も盛り込まれています。背景には、ユーロなど主要通貨に対して急速に進んだドル安があります。ドル安は、欧州にとって輸出産業に打撃となるユーロ高を招き、すでに容認できない水準であるといわれています。

米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長がドル安を事実上容認するような発言をしたことで欧州各国のいら立ちにつながっていましたが、今回の声明は米国にとってもドル急落は好ましくないとのメッセージを発した形ですので、週明けはマーケットがこの声明をどのようにとらえるのか見ものとなりますね。

好成績を収めているトレーダーさんのランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ ←ランキング参加中です。


(1) 2 »

スポンサードリンク
カテゴリ一覧
投資ブログメニュー
アーカイブ
最近のコメント
メインコンテンツ
サイト内検索
管理者情報・プライバシーポリシー / お問合わせ

copyright (C) 2004年-2014年 サラコミュ All rights reserved.