サラリーマン&OLコミュニティ

「三人寄れば文殊の知恵」みんなで知恵を出し合って不安や悩みを解決しよう!
現在、仲間は616 名です。→簡単!メンバー登録はこちらから

ホーム |  掲示板 |  アンケート |  年収投稿
FX:NZドル運用実績ブログ - 最新エントリ
rss rdd  最新エントリ配信

最新エントリ
2008/09/11
アバター
執筆者: 管理人 (11:34 pm)
FX業者のトレイダーFXが突然事業を休止を発表しましたね。

トレイダーズFXと言えば、取引手数料を無料にし、スプレッドも米ドル/円を0銭にするなど、業界最高水準でのサービスを展開し、人気のある会社です。

突然の業務休止の理由は、過剰なサービスを提供していく上で、運用している取引システムの機能だけでは無理が生じ、市場リスクを適切に管理することができなってしまったからのようです。

この数年で急激に人気の出てきたFX市場でシェアを確保すべく、業者間のサービス競争は激しかったですからね。手数料がどんどん安くなるのは消費者にとってはうれしいことですが、これからは手数料の安さだけに惑わされず、会社の財務体質等をしっかりと見極めないといけませんね。

私たちの大切な資産を預けるわけですから。

好成績を収めているトレーダーさんのランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ ←ランキング参加中です。


2008/09/09
アバター
執筆者: 管理人 (12:10 am)
今朝はすごかったですね。

週末の下落も驚きでしたが、今朝の窓あけ急上昇も予想外の展開でした。

今朝の急上昇でロスカットが間に合わず、かなりの損失を被った方も結構いらっしゃったようです。アメリカ政府系住宅金融機関2社に救済措置をしたことが原因で、朝から激しい値動きだったようですが、今は落ち着いちるようですね。


サブプライム以降、下火になっていたFX人気がやっと復活してきたと最近のニュースで見たばかりですが、今回の急降下、急上昇でまたマーケットから退場を食らった人は多いのではないでしょうか?

その分、大儲けした人もいるでしょうけどね。。。。

好成績を収めているトレーダーさんのランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ ←ランキング参加中です。


2008/09/06
アバター
執筆者: 管理人 (12:09 am)
クロス円全面急落ですね。

通貨によっては、サブプライムの時よりも激しい急落具合です。

がっぽり稼いだ人もいれば、マーケットから退場となった人もいるでしょうね。
私はまだ依然として退場したままで参戦できずです。

本日の急落相場を遠くで見ていました。
まだまだ参戦するには怖いですね。

好成績を収めているトレーダーさんのランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ ←ランキング参加中です。


2008/08/24
アバター
カテゴリ: 投資信託関連 : 

執筆者: 管理人 (10:41 am)
7月末の投信の純資産残高は、前月末比0.2%増だそうです。
これだけ金融相場が混乱している中、わずかですが前月比を上回るって凄いですね。

購入額から解約額と運用期間終了で償還される額を差し引いた資金流入額は3495億円の増加だそうで、すごいお金が動いているわけですね。


ちなみに、私は350万ほどを運用していましたが、サブプライムの直後に
そのほとんどを売却してしまいました。


...続きを読む

好成績を収めているトレーダーさんのランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ ←ランキング参加中です。


2008/08/21
アバター
カテゴリ: 投資全般 : 

執筆者: 管理人 (11:43 pm)
マーケットは全面的に円高となりましたね。
それもかなり急激な動きで・・・

最近は本当に安定しないですね。
円安・円高どちらに動くかさっぱり予想できません。

株式相場も同じですし、投資再開したいのですがなかなか参戦する
タイミングが読めません。。。


もうしばらく相場を見守ります。

好成績を収めているトレーダーさんのランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ ←ランキング参加中です。


2008/08/04
アバター
執筆者: 管理人 (11:22 pm)
4月からずいぶんと時間が経ってしまいました。。。

立ち直るためにこれだけ時間を要したわけではありませんよ。
ロスカットで投資から完全に身を引いていたので書くことがなかったのです。


と、ご報告が遅れてしまいました。
報告が遅れたと言っても、もう3か月以上も前に当ブログを見にきていただいていた方は、
いらっしゃらないと思いますので、いまさら報告しても仕方ないでしょうが・・・


そうです。FXに費やしていた資産はすべてロスカットにより吹っ飛びました!


消えて、飛んで行って、泡となった資金は大体100万ですかね。
いい勉強になりました。

サブプライムなんてそんなに経験できるものではないですから、いい勉強させてもらったとあきらめが付きましたよ。これで、かなりの精神力が養えました。たぶん、今後100万円クラスの損害が出そうになっても以前より落ち着いていられそうです。って、そんな落着きあまり欲しくはありませんけどね。。。


さて、せっかくいろいろと勉強したので、これで投資から撤退しては意味がありません。次なる一手を考えているのですが、仕事がなかなか忙しくて思うようにいきません。


何も決まっていないのでやっぱり書くことはないのですが、この投資ブログをかなり放置してしまいましたので、損失報告だけでもしておこうかと思い立ちとりあえず書いております。


はぁ〜どなたかこの哀れな私に上手な投資法でも教えて下さい。
投資以外の儲け話も歓迎いたしますが・・・(笑)

好成績を収めているトレーダーさんのランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ ←ランキング参加中です。


2008/04/23
アバター
カテゴリ: 投資全般 : 

執筆者: 管理人 (12:10 am)
サブプライム問題が一段落し、為替マーケットも株式市場も落ち着きを取り戻したように思えますが、根拠のない楽観論から来ているようですね。

ということで、再度ちょっとした問題が勃発した時には、マーケットはまたまた嵐に襲われるのでしょうか・・・


以下記事の抜粋============================

米大手金融機関の08年1〜3月期(一部は07年12月〜08年2月期)決算が21日、ほぼ出そろった。低所得者向け高金利住宅ローン(サブプライムローン)問題の影響で、シティグループ、メリルリンチ、ワコビアの3社が最終赤字に転落、主要8社のサブプライム問題絡みの損失額は計488億ドル(約5兆円)、累計1281億ドル(約13兆2000億円)に達した。市場では「損失額は想定の範囲内」として、株価が急伸したものの、金融正常化への歩みは緒に就いたばかり。不安解消には程遠い状態が続いている。


◇証券化商品市場 機能不全に

サブプライム問題の震源地と言われている証券化商品市場。中でも住宅ローン担保証券(RMBS)を売り買いする市場では、今も「売買の成立しない機能不全状態」(日銀幹部)が続いている。1〜3月期決算で計上された各社の評価損の内訳を見ると、RMBSなどサブプライム関連の証券化商品の評価損が大半を占めており、そのほとんどは、市場で売りに出しても売れずに各社が抱えたまま、いわば「塩漬け」になっている資産だ。




...続きを読む

好成績を収めているトレーダーさんのランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ ←ランキング参加中です。


2008/04/16
アバター
カテゴリ: 投資全般 : 

執筆者: 管理人 (12:08 am)
7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)でドル安の流れが本質的に変化したとはやっぱり思えませんね。

G7では公的資金投入に前向きな姿勢も見られなかったし、資本増強などの自助努力で
現状を改善するというフレームワークも変わっていない。

ただ、システミックリスクを回避しようとするG7の姿勢は断固としたものがあるので、
金融当局がセーフティーネットを敷いているという安心感はあるのでしょうか?

ユーロ/ドルはG7後にいったんポジション調整で下落したが、
持続性があるようには思えません。

G7を経て、ドルは3月に経験したような急落を繰り返すリスクはなくなったと思いますが、
投資家のリスク回避姿勢の解消には時間を要する上、ドル金利は一層の低下が見込まれ、
基本的にドル安の流れは継続すると考えられます。

好成績を収めているトレーダーさんのランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ ←ランキング参加中です。


2008/04/13
アバター
カテゴリ: 投資全般 : 

執筆者: 管理人 (10:40 pm)
今回のG7で主要国が打ち出した最大の目玉は、日米欧の金融監督当局で作る「金融安定化フォーラム」(FSF)が提言した市場安定化策でした。

銀行、証券会社に対し、08年の中間決算までに厳格な情報開示を行うよう強く要求期限を区切り、四半期決算発表のたびに損失額が膨らむような「底無し」の不安を早期に断ち切る姿勢を打ち出しわけです。

しかし、こうした対応が市場の混乱の歯止めになるのか不明な点があります。
損失の開示を半ば強引に要請した場合、資本増強がうまく行かなかった金融機関はマーケットからの信頼を失い、経営危機に陥る可能性があります。しかし、こうなった場合の国の支援策は特に打ち出されていません。

これでは、金融システム全体の混乱を招くことは明白です。


一方、声明には約7年半ぶりに「主要通貨の急激な変動」への懸念も盛り込まれています。背景には、ユーロなど主要通貨に対して急速に進んだドル安があります。ドル安は、欧州にとって輸出産業に打撃となるユーロ高を招き、すでに容認できない水準であるといわれています。

米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長がドル安を事実上容認するような発言をしたことで欧州各国のいら立ちにつながっていましたが、今回の声明は米国にとってもドル急落は好ましくないとのメッセージを発した形ですので、週明けはマーケットがこの声明をどのようにとらえるのか見ものとなりますね。

好成績を収めているトレーダーさんのランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ ←ランキング参加中です。


2008/03/18
アバター
カテゴリ: 投資全般 : 

執筆者: 管理人 (11:52 pm)
世界の金融機関が抱えるサブプライムローン関連の損失が増え続けているようです。


ロイター通信が、国際通貨基金(IMF)が世界全体の損失額が8000億ドル(約78兆円)に
拡大するとの試算をまとめたと報じました。


IMFは2007年9月時点で最大2000億ドルと見積もっていたので、
サブプライム関連の損失が一気に4倍に増えたことになります。


...続きを読む

好成績を収めているトレーダーさんのランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ ←ランキング参加中です。


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 9 »

スポンサードリンク
カテゴリ一覧
投資ブログメニュー
アーカイブ
最近のコメント
メインコンテンツ
サイト内検索
管理者情報・プライバシーポリシー / お問合わせ

copyright (C) 2004年-2014年 サラコミュ All rights reserved.