サラリーマン&OLコミュニティ

「三人寄れば文殊の知恵」みんなで知恵を出し合って不安や悩みを解決しよう!
現在、仲間は616 名です。→簡単!メンバー登録はこちらから

ホーム |  掲示板 |  アンケート |  年収投稿

眼精疲労・目の疲れを予防して視力と健康を保とう!

現在は、仕事でも家庭でもパソコンを使うことが多いため、眼精疲労に悩む方が増えているらしいです。私も視力は悪く、コンタクトをしていますし、結構目が疲れます・・・眼精疲労になるとイライラしたり、体調をくずすこともあります。また、一度眼精疲労になると治すことは容易ではないようです。だから、しっかりと予防法を身につけましょう。

 

眼精疲労とは?目の疲れとは?

一般的に『眼精疲労』とか『目の疲れ』とか言いますよね。何が違うのでしょう?
簡単に言うと、一晩寝れば治ってしまうのが『目の疲れ』で、休憩をとっても目の痛みやかすみ、頭痛などの症状が残ったり、回復したと思ってもすぐに目の疲れが現れるのが『眼精疲労』です。

 

眼精疲労の症状とは?

眼精疲労の主な症状には
・疲れによる充血
・かすみや視力の低下
・目の痛み(ひどい時は目の裏側までの痛み)

などがあります。また、目以外でも、
・身体の痛み
・胃痛や食欲不振
・便秘
・目の痛みに伴う吐き気

と言う症状まで現れます。さらに進行すると、イライラや不安感、抑うつ、といった自律神経の症状へ発展することがり、結構恐ろしいものです。だから、目の疲れを甘く見て放って置くと恐ろしいことになりますよ。

 

眼精疲労の原因

眼精疲労の原因は主にパソコン、テレビ、読書など目を酷使することですが、眼の機能低下や他の病気によるものもあります。眼精疲労の原因は様々で、主な以下の五つに分かれます。

1.神経性疲労
  パソコン、読書、テレビなど長時間同じ距離を見続けることにより起こる疲労。

2.筋性眼精疲労
  斜視、複視、など目をとりまく筋肉の働きの異常により、両眼の位置がアンバランスになって
  起こる疲労。

3.症候性疲労
  ドライアイ、白内障、緑内障、網膜症など疾患から起こる疲労。

4.調節性眼精疲労
  遠視、老視など、物に焦点を合わせる目の調節作用が低下することで起こる疲労。

5.精神性疲労
  慢性疲労、過労、睡眠不足、ストレスなどによる疲労。

 

眼精疲労の予防法

長時間ものを見ない。
長時間ものを見続けることで目は疲れます。ですから、1時間に10分から15分は目を休ませましょう。また、集中してものを見ている時は、まばたきを忘れてしまい、目の乾燥の原因となります。涙は目に栄養を運んでいますので、目が乾燥することで目に栄養が行き渡らなくなります。

眼球体操をする。
・眼球をゆっくり上下に動かす。
・眼球をゆっくり左右に動かす。
・眼球をゆっくり回す。
・まぶたをギュッと閉じ、パッと開く。
以上の動作を数回繰り返しましょう。

目の周りをマッサージする。
目の周りをマッサージすることで、血行がよくなり新陳代謝がよくなります。あまり強くマッサージせずゆっくり定期的に行いましょう。

パソコンやテレビを見る場合は、パソコンの画面が周りよりも明るくならないようにする。
パソコンやテレビの方が回りより明るいと、目が疲れてしまいます。暗いところであまり物を見ないようにしましょう。
また、パソコンの画面は視線が下になる場所に置きましょう。視線が上になると、自然とまばたきの回数が減ってしまうためです。

スポンサードリンク
健康について語ろう
健康講座
メインコンテンツ
サイト内検索
管理者情報・プライバシーポリシー / お問合わせ

copyright (C) 2004年-2014年 サラコミュ All rights reserved.