サラリーマン&OLコミュニティ

「三人寄れば文殊の知恵」みんなで知恵を出し合って不安や悩みを解決しよう!
現在、仲間は616 名です。→簡単!メンバー登録はこちらから

ホーム |  掲示板 |  アンケート |  年収投稿

食事によるアトピー性皮膚炎の治療

 

食事制限によるアトピー性皮膚炎の治療

食物アレルギーの原因になる食物を完全に食べない治療法があるようです。

しかし、食物アレルギーとアトピー性皮膚炎の関係は明確にはまだわからない部分が多く、
すべてを食事のせいにしてしまって完全にその食物を排除してしまおうと言う考え方は、
栄養バランスが偏ってしまう上に特定の食物が一生食べられなくなってしまう恐れもあるので、
現在では否定的な意見もあるようです。

 

例えば、子どもがアトピー性皮膚炎と診断された場合、卵白・牛乳・大豆の
「三大アレルゲン」を食べないように言われる場合が多いようです。
(※アレルゲンとは、体内でアレルギー反応を起こす物質のこと)

しかし、人間は成長とともに食物に対する耐性が出てくるので、
完全除去食にするよりもあえて少しずつ食べながら様子を見た方が
良いと言われています。

抗原を、少量ずつ体内に入れることによって徐々にアレルゲンに慣れさせるのです。
この方法は時間がかかりますが、成長とともにいずれ食物アレルギーを
克服できる可能性があるのです。

 

しかし、食物アレルギーに関しては注意すべきこともあります。
それは、「アナフィラキシーショック」というアレルギー症状です。

これは、あるアレルゲンによる免疫を得た人が、次に同じアレルゲンを与えられた時、
命に関わるほどの重篤なショック症状などの過敏な反応を引き起こしてしまう抗体反応のことです。
とくに、「食物依存性急性運動負荷アナフィラキシー」が食物関係においては問題となります。

その為、食物アレルギーが原因のじんましんが出たり、気分が悪い場合には
急にその場から動かないことが大切です。

スポンサードリンク
健康について語ろう
健康講座
メインコンテンツ
サイト内検索
管理者情報・プライバシーポリシー / お問合わせ

copyright (C) 2004年-2014年 サラコミュ All rights reserved.