サラリーマン&OLコミュニティ

「三人寄れば文殊の知恵」みんなで知恵を出し合って不安や悩みを解決しよう!
現在、仲間は616 名です。→簡単!メンバー登録はこちらから

ホーム |  掲示板 |  アンケート |  年収投稿

ステロイドによるアトピー性皮膚炎の治療法

 

ステロイドとは?

ステロイドは本来私たちの体が作り出している「副腎皮質ホルモン」です。
このステロイドには「炎症を抑える作用」「ストレスに対抗する作用」があります。

つまり、アトピー性皮膚炎の治療にステロイドが使用される理由は、
「炎症を抑える作用」のためです。

そもそも、「副腎皮質ホルモン」は、体の塩分・糖分を調節し、免疫・代謝などの
バランスを整える作用があるため、ステロイドは私たちの体にとって必要なホルモンなのです。

 

ステロイド外用薬について

では、アトピー性皮膚炎の治療で一般的に使われている「ステロイド」と「副腎皮質ホルモン」には
違いがあるのでしょうか?

治療で使用されるステロイド外用薬は、ステロイドの炎症を抑える効果を強めた
合成副腎皮質ホルモンです。

ステロイド外用薬には効果の強さに応じて様々なものがあり、患者さんのアトピー性皮膚炎の
症状に応じて処方しているというのが実態です。

 

ステロイドの効果と副作用

ステロイドは、湿疹とかゆみを抑えてくれる薬です。
しかし、長い期間、毎日のように強力なステロイド外用薬を塗り続けると、
副作用が出る可能性があります。

副作用というと怖いのですが、副作用についてはしっかりと理解しておく必要があると思います。
では、どのような副作用があるのでしょうか?

【ステロイドによる副作用の例】
• 皮膚が薄くなる(皮膚萎縮と言います)
• 皮膚の下の血管が大きくなり、皮膚が赤くなる(「酒(しゅ)さ」と呼びます)
• うぶ毛が濃くなる(「多毛」と呼びます)
• にきび、毛の周りが赤くて痛い(「毛嚢炎(もうのうえん)と呼びます」)
• 湿疹の部分がジクジクしたり、痛い(細菌、かびなどの皮膚の感染症の影響)

 

ステロイド使用の注意点

ステロイド外用薬を使用した治療法に関しては、賛否両論があります。
ステロイドを使用することでアトピー性皮膚炎が完治したという人もいれば、ステロイドを
使用しても症状は治らず、ステロイドの治療をやめた途端にリバウンドが発生し以前よりも
ひどくなったなど・・・

もちろん、副作用が出る人もいれば、アトピー性皮膚炎の症状だけでなく、
副作用にも悩まされるようになったという人もいるのです。

つまり、ステロイドは炎症を抑える効果とその副作用、さらにはその人の体質に応じた
使用をおこなうのが望ましいといえます。

ステロイドを使用する際には、自分で勝手な判断をしてステロイドを使ったり、
またはステロイドの使用をやめたりせずに、お医者さんとしっかり相談し、
定期的に診断をしてもらいながら使用することが大切です。

スポンサードリンク
健康について語ろう
健康講座
メインコンテンツ
サイト内検索
管理者情報・プライバシーポリシー / お問合わせ

copyright (C) 2004年-2014年 サラコミュ All rights reserved.