サラリーマン&OLコミュニティ

「三人寄れば文殊の知恵」みんなで知恵を出し合って不安や悩みを解決しよう!
現在、仲間は616 名です。→簡単!メンバー登録はこちらから

ホーム |  掲示板 |  アンケート |  年収投稿

アトピー性皮膚炎のためのスキンケア

アトピー性皮膚炎の原因には、アレルギー以外に、乾燥肌、衣服、汗、傷付いた部分にいる
細菌などがあります。このようなアレルギー以外が原因となるアトピー性皮膚炎の場合の治療
法は、皮膚を清潔に保ち、皮膚の機能を回復してあげること(スキンケア)になります。

ただし、アトピー性皮膚炎の症状がひどい場合には、薬を併用して治療することもあります。

アレルギー以外が原因となるアトピー性皮膚炎は、基本的にスキンケアにより治すことが
可能となりますが、スキンケアの方法をいくつか紹介します。

 

乾燥肌と汗をかいた後のスキンケア

皮膚は全身を覆うバリアのようなものです。つまり、皮膚は体を保護し、外部の刺激から体を守り、
体の水分が蒸発するのを防ぐ役目を果たしています。

このバリア機能を果たしている皮膚が傷ついたり、正常に働かなくなると皮膚が乾燥してしまいます。
いわゆる乾燥肌です。

また、汗には様々な栄養素が含まれているため、汗をかいた後は細菌が繁殖し、それが原因で
炎症を起こすことがあります。このような乾燥肌や、汗が原因となる炎症の対処法としては
以下のようなものがあります。

・毎日お風呂に入る。(シャワーを浴びる)
 石鹸を使ってやさしく皮膚の汚れを落とします。決して傷つくほど強くこすったりしてはいけません。

・お風呂のあとには、保湿剤、化粧水などで保湿を行いましょう。
 ただし、保湿剤や化粧水が皮膚に合わない場合は、すぐに使用をやめて病院に行きましょう。

 

衣類による肌のダメージ対策

肌の弱い人は、衣類が原因で肌にダメージを与えてしまうことがあります。
そしてこのダメージが原因となって、アトピー性皮膚炎を引き起こしてしまいます。

では、衣類に関してはどのような点を注意すればよいのでしょうか?

刺激が少なく、吸湿の良い木綿の衣服や下着を使いましょう。そして、汗をかいたらなるべく
替えることで肌へのダメージを減少させることができます。また、縫い目が皮膚に当たって、
かゆみが出るような場合は、裏返しに着るのもよい方法です。

そして、洗濯後ですが、洗剤をきれいに落とすためにしっかりとすすぎをしましょう。
漂白剤や柔軟剤がアトピーを悪くすることがあるので注意です。

 

肌を傷つけないように気をつけよう

肌を傷つけてしまう一番の原因は、爪でひっかくことです。
ですから、爪を短く切ることが大切です。
爪で皮膚を傷つけて、皮膚についている細菌が皮膚炎を悪化させます。
皮膚の細菌を減らす意味でも、こまめに衣類を替えたり、汗を拭きとったりすることが重要です。

 

日焼け対策

健康的に見える日焼けも皮膚にとっては大きなダメージです。日焼けは皮膚の炎症なので
アトピー性皮膚炎を悪化させます。できるだけ、市販の日焼け止めクリームなどを塗って紫外線から
肌を守りましょう。

だだ、日焼け止めクリームを塗って湿疹がひどくなるようであれば、即刻日焼け止めクリームを
中止して、お医師さんに相談しましょう。

スポンサードリンク
健康について語ろう
健康講座
メインコンテンツ
サイト内検索
管理者情報・プライバシーポリシー / お問合わせ

copyright (C) 2004年-2014年 サラコミュ All rights reserved.