サラリーマン&OLコミュニティ

「三人寄れば文殊の知恵」みんなで知恵を出し合って不安や悩みを解決しよう!
現在、仲間は616 名です。→簡単!メンバー登録はこちらから

ホーム |  掲示板 |  アンケート |  年収投稿

アトピー性皮膚炎の検査

「これってアトピー性皮膚炎?」と思ったら、勝手な自分の判断を行わず、病院で検査を受けましょう。
そして、アトピー性皮膚炎と診断された場合は、その原因を突き止めてもらいましょう。

アトピー性皮膚炎を治療するためには、その原因を突き止めることが、アトピー性皮膚炎の症状を
早期に改善、治療する上で一番大事なことです。

 

アトピー性皮膚炎を診断してもらいましょう。

病院でアトピー性皮膚炎の診断をお願いすると以下のようなことを聞かれます。

・どんなときにかゆくなるのか?

・体のどの部分がかゆくなるのか?

・特定の食べ物を食べたときにかゆくなる傾向はあるか?
 その場合は、どんな食べ物なのか?

・かゆみに時期的なものがあるか?

・家族にもアトピー性皮膚炎の人はいるか?

・アトピー性皮膚炎以外にも、花粉症などのアレルギー体質の人が家族にいるか?

上記のような質問は、お医者さんがあなたの皮膚炎を診断するために重要となりますので、
前もって考えて病院へ行くのもいいでしょう。より正確に伝えることであなたのアトピー性皮膚炎の
原因がはっきりし、的確な治療の役に立ちます。

 

アトピー性皮膚炎の検査法

主なもので、よく行われる検査をあげます。

【血液検査】
血液検査でアトピー性皮膚炎の原因を突き止めます。
具体的には、以下のような項目を血液検査で調べます。

・好酸球の数
好酸球という白血球の数を調べます。アトピーの人は、好酸球の数が多い傾向にあります。

・ IgE値
免疫に関わるたん白質で、アトピーの人はこのたん白質の数値が増えます。

・ IgE-RAST
原因と思われるア
レルギー物質に対して、陽性か陰性か判断する指数。
数値(0.7以上)が高いと陽性です。

【皮膚検査】
・スクラッチテスト
アレルギー物質を皮膚に付着させ、針で少しだけ皮膚を傷つけます。
傷つけた部分が赤くなったり、湿疹が出れば、付着させた物質が原因でアトピー性皮膚炎になっている
可能性があるわけです。

・パッチテスト
パッチテストとは、薬剤などのアレルギー反応の有無を調べるための簡易テストです。
アレルギー物質を腕などの、比較的害が少なく、すぐに洗い流せる部分につけ、その反応を
見るというテストです。数日間後に赤くなった場合は、皮膚に付けた物質がアトピー性皮膚炎の原因と
考えられます。

スポンサードリンク
健康について語ろう
健康講座
メインコンテンツ
サイト内検索
管理者情報・プライバシーポリシー / お問合わせ

copyright (C) 2004年-2014年 サラコミュ All rights reserved.