サラリーマン&OLコミュニティ

「三人寄れば文殊の知恵」みんなで知恵を出し合って不安や悩みを解決しよう!
現在、仲間は616 名です。→簡単!メンバー登録はこちらから

ホーム |  掲示板 |  アンケート |  年収投稿

アトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎の原因は、まだはっきりと解明されていないようです。
調べてみても、色々な原因が出てきて、どれが自分のアトピーの原因なのか
全く判断が付きません。

また、原因があるとしてもアトピー性皮膚炎の原因は人それぞれであり、明確な答えは無いようです。
ちなみに、日本医師会のホームページでは以下の様に説明されています。


アトピー性皮膚炎は、「アトピー素因(アトピー体質)」という遺伝的に痒みを起こしやすい
体質の人が、さまざまな「アレルゲン(抗原)」と「機械的刺激」に曝された時に起こる
皮膚炎であると考えられていますが、その原因やメカニズムは、まだ充分にはわかっていません。
悪化の原因として、ストレスなどの精神的要因もあげられています。

※アレルゲンとは、体内でアレルギー反応を起こす物質のこと。

 

上記のように、アトピー性皮膚炎の原因は解明されていませんが、
一般的に言われている原因を挙げてみたいと思います。

 

食事によるアレルギー反応

食事もアトピー性皮膚炎の原因と考えられていて、2つの考えがあるようです。
1つ目は、食べ物に含まれる物質がアレルゲンとなり、それが原因でアレルギー反応を
起こす場合ですいわゆる食物アレルギーが原因の場合です。

食物アレルギーによるアトピー性皮膚炎は幼児期に多く見られるようです。
ですから、赤ちゃんにアトピー性皮膚炎の症状が現れた場合は、
まず、最初に疑ってかかっても良い原因かもしれません。

2つ目は、食事によって体の抵抗力(免疫機能)に異常が発生し、それが原因でアレルギー反応を
起こしてしまうと考えられる場合です。栄養不足や過剰摂取により、免疫機能が正常に働かず
それが原因でアレルギー反応を起こすことがあるようです。

 

食事以外のアレルギー反応

ダニ、ハウスダスト、花粉、動物の毛、カビなどがアレルゲンとなり、
アレルギー反応を起こす場合があります。

大人のアトピー性皮膚炎はこれが原因である場合が多いようです。

 

ストレスによる免疫異常や自律神経の乱れ

ストレスは、様々な病気の原因となりますが、アトピー性皮膚炎も例外では
無いようです。ストレスにより免疫機能に異常が現れ、それが原因で
アトピー性皮膚炎を発症したり、症状がひどくなることがあるようです。

また、ストレスにより自律神経が不安定となりステロイドホルモンが不足ぎみとなる
ことも関係していると考えられています。

 

遺伝が原因となるアトピー性皮膚炎

アレルギー体質は遺伝すると言われています。
親がアレルギー体質である場合、必ず子どももアレルギーになるとは限りませんが、
とある調査によると、子どもがアレルギーになる確率は、両親ともにアレルギーだと約50%、
一方がアレルギーだと約30%、アレルギーのない場合は約10%であったという報告があるそうです。

ただ、遺伝が原因である場合も、アレルギーの原因を探ればアトピー性皮膚炎の対策は可能ですので、
遺伝だからと諦めず、アトピーの原因をしっかりと知り、対策を行いましょう!

スポンサードリンク
健康について語ろう
健康講座
メインコンテンツ
サイト内検索
管理者情報・プライバシーポリシー / お問合わせ

copyright (C) 2004年-2014年 サラコミュ All rights reserved.