サラリーマン&OLコミュニティ

「三人寄れば文殊の知恵」みんなで知恵を出し合って不安や悩みを解決しよう!
現在、仲間は616 名です。→簡単!メンバー登録はこちらから

ホーム |  掲示板 |  アンケート |  年収投稿

骨(関節)を鳴らすのは体に悪いのか?

骨を鳴らす人ってあなたの周りにいませんか?
と言うか、あなたは骨を鳴らしたりしていませんか?

私は、かなりの骨鳴らしマニアです!!
指の骨にとどまらず、首の骨、背骨、腰、ひざ、ひじ、足首etc・・・
体中の関節と言う関節をポキポキ、バキバキ鳴らすのが大好きです。

なぜ骨を鳴らすのか?それは、ずばり気持ちいいからです。
そして、癖になっているのでほぼ無意識でやっています。やばいですね・・・

さてさて、そんな骨鳴らしマニア暦ウン十年の私ですが、最近調べてみると骨を鳴らすことはかなり体に悪いと言うことが分かりました。骨を鳴らしている人はすぐにでもやめたほうがよさそうです・・・・

 

なぜ骨は鳴るのか?

なぜ骨が鳴るか?小さな骨折を起こしているとか、骨と骨がこすれる音だとか、色々と原因を聞いたことがありますが、骨の鳴る本当の原因は何なのでしょうか?

関節は関節包という袋に覆われ、骨と骨のわずかな隙間に、関節液を満たしています。関節を急に引っ張たり、曲げると関節内に陰圧を起こし、真空状態となり、この時滑液が気化(キャビテーションというらしい)し、それがはじけて消失するとき音を発生する。この音が周囲の軟骨、骨、関節包、腱に反響してポキッという音となると言うのが骨の鳴る本当の理由です。

 

骨を鳴らすと関節が太くなるのか?

ポキという気泡音は衝撃波となり、周りの軟骨、骨、靭帯を微細に破壊し、そして炎症をおこします。指では同一関節を1日10回程度、1ヶ月続て指を鳴らすと、炎症をおこし関節が太くなってくるようです。

関節が太くなると言うのは、骨が太くなった様に思われますが、x線写真で見ると、骨は太くなっていないらしいです。太く硬い部分は軟骨が主体となっているのです。衝撃波は一番近くて弱い軟骨を最も損傷し、傷ついた軟骨は、修復を繰り返し肥厚していく。これが、関節のが太くなる原因です。

関節の太さは鳴らす数によって増減する。軟骨は数十回続けて鳴らすと肥厚をはじめ、まったく鳴らさないと2週間程で減少しはじめるとのことですので、関節が太くなっている人は、しばらく我慢すれば元に戻るようですよ。

 

なぜ骨鳴らしが癖になるのか?

骨を鳴らすと一瞬スキッとしたり、爽快感を感じます。この爽快感は衝撃波をストレッチ効果と感じる説と、滑液内の疲労物質、二酸化酸素等が気化し、四散するのでスキッとする、との説があるようです。はっきりしたことは分からないようですが、とにかく骨を鳴らすと気持ちがいいのです。

これがこうじて回数が増加し、無意識に鳴らし癖となっていきます。一関節を鳴らす癖が有る人は、身体各所の関節を鳴らすことが多いようです。(まさに私がそうです・・・)

癖となり関節にダルサ、違和感、痛みが出ると病的状態となり、関節を鳴らすと、少し楽になるのでさらに鳴らす、関節はさらに炎症し肥大化を増す。重症となると、鳴らさないと苦しくていたたまれなくなる。 完全に悪循環ですね。

 

骨鳴らしを辞めるには??

上記をご覧いただければ、骨鳴らしが体に悪いことは十分分かっていただけたでしょう。
骨を鳴らせば、関節の軟骨を傷つけ、軟骨は肥大化する。そして、関節が炎症をおこすことにより痛みを伴うこともあるし、首にいたっては、神経を圧迫し様々な症状を引き起こしかねないわけです。

それでは、どうすれば骨鳴らしを辞めることができるのか??我慢して骨を鳴らさないようにするしかありません。我慢できなければ、病院に行って関節を固定してもらい、自分では骨を鳴らせないようにしてしまいましょう。

個人差があるでしょうが、2週間我慢すれば肥大化した軟骨は元に戻るようですから。ほんの少しの辛抱です。また、骨慣らしを完全に辞める必要は無いようですから、どうしても我慢できなければ、1日1回〜2回は許されるようです。

とにかく、意識して骨鳴らしを辞めるよう心がけ、関節がダルクなり骨を鳴らしたくなれば、ゆっくりとストレッチをすることでダルサを解消するようにしましょう。

スポンサードリンク
健康について語ろう
健康講座
メインコンテンツ
サイト内検索
管理者情報・プライバシーポリシー / お問合わせ

copyright (C) 2004年-2014年 サラコミュ All rights reserved.