サラリーマン&OLコミュニティ

「三人寄れば文殊の知恵」みんなで知恵を出し合って不安や悩みを解決しよう!
現在、仲間は616 名です。→簡単!メンバー登録はこちらから

ホーム |  掲示板 |  アンケート |  年収投稿

腕時計の仕組みで選ぶ

腕時計が動くしくみには大きく2つあり、さらにそれから細かく分かれていきます。
また、そのしくみで一長一短があります。

 

機械式

「長い歴史に裏打ちされた職人芸ともいえる機械式腕時計」
機械式時計とは、歯車やばねなどを使って時を刻んでいる腕時計です。動力はゼンマイですから、機械さえ壊れなければ半永久的に動きます。反面、しくみが複雑になればなるほどコストがかかるため、とても高価な腕時計になります。

また、ゼンマイの巻き方には2種類あります。「手巻き」と「自動巻き」です。

手巻きとは、リューズと呼ばれる腕時計の横についているつまみを使って人がゼンマイを巻き上げるしくみです。巻き忘れると必ず止まってしまいます。でも、自動巻きに比べるとシンプルなしくみでできているので、歯車にかかる負担は比較的軽く、機構のもちが若干いいようです。

自動巻きとは、「ローター」と呼ばれる半月形のフタ状のものを腕時計の中に内臓していて、腕時計を腕に付けたとき、そのローターが腕の振りの勢いなどで回り、ゼンマイを巻き上げてくれるしくみです。普段つけていればまず止まることはありませんから、機械式がいいけど自分でネジ巻くのは面倒くさい!ネジ巻くの忘れちゃう!という方にはお勧めですね。大体、丸一日つけていないと止まってしまうものが多いようです。

 

クォーツ式

「安価なものでも、精度の高さは機械式の複雑時計に劣らない腕時計」
水晶素子から取り出した信号をもとに時を刻むクォーツは、電池をエネルギー源とする腕時計です。精度は「IC」と呼ばれる回路のような部分で計算されるので非常に狂いにくい腕時計です。大量生産にも向いているため、価格が手ごろなのも魅力です。機械式であれば超高級腕時計でしかありえない複雑な機能を満載した腕時計も比較的手ごろな値段で手に入ります。

基本的に電池で動く腕時計なので、電池が切れると役に立たなくなります。しかし、今は機械式のローターと同じ要領で発電をするもの、太陽の光で発電をするもの(エコドライブ・ソーラーウォッチ・エコテックと呼ばれる)があり、電池切れの心配をしなくてもよいものが増えています。

 

「正確な時間を刻む」と言った腕時計本来の役割を考えれば、文句なくクォーツ式の勝ち!です。ただ、機械式腕時計もそんなに大幅に時間が狂うわけではありません。半月か一ヶ月に一度時間を合わせてあげれば十分です。そんなところが機械式の良さであったりもします。(世話の焼けるかわいい奴♪って感じです・・・)

それと、機械式の腕時計は4〜5年に一度オーバーホールをしてあげなければなりません。腕時計のお掃除ですね。腕時計によってまちまちですが数万円かかります。機械式は買った後も維持費がかかります。

あなたは最新式のクォーツ派?それとも、職人技にロマンを感じる機械式派?

スポンサードリンク
ファッションを語ろう!
ファッション講座
メインコンテンツ
サイト内検索
管理者情報・プライバシーポリシー / お問合わせ

copyright (C) 2004年-2014年 サラコミュ All rights reserved.