サラリーマン&OLコミュニティ

「三人寄れば文殊の知恵」みんなで知恵を出し合って不安や悩みを解決しよう!
現在、仲間は616 名です。→簡単!メンバー登録はこちらから

ホーム |  掲示板 |  アンケート |  年収投稿

スーツの選び方・チェックポイント

1年中ほとんどスーツで過ごしているサラリーマンは多いでしょう。
スーツが制服である!というサラリーマンが結構多いのではないでしょうか?

そして、スーツ選びって結構迷いますよね。
そんなに安いものではないし・・・

そこで、スーツの選び方についていろいろとまとめてみました。

 

スーツのサイズはここをチェック

肩幅
 ジャケットは肩で着る!といっても過言ではありません。
 まずは肩幅にぴったりフィットするかを確認しましょう。小さいと背中にシワが寄ってしまい、
 大きいとだぶついてシルエットがくずれてしまうので要注意です。

 

袖丈
 腕をまっすぐに下ろしたときに、手首が隠れるくらいの長さがベスト!
 シャツが1.5〜2.0cmくらい出る長さが良いでしょう。

上着の丈
 腕をまっすぐに下ろした状態で、指で上着の裾を少しだけつまめる長さがベスト。
 また、おしり全体が隠れるかどうかもチェックしましょう。
 長すぎると短足に見えてしまうので気をつけましょう!

ウエスト
 ウエストは、指が入る程度の余裕があるほうがいいでしょう。
 きつすぎても、大きすぎても動きにくい上に、不自然なシワが寄ってしまう原因となります。
 ベルトで調整すると本当におかしなしわがよってしまいますよ。

パンツの丈
 パンツの裾が靴に軽く当たる「ワンクッション」が基本です。
 細めのパンツであれば、「ハーフクッション」でもおしゃれでですね。
 必ず靴を履いた状態で図ってもらいましょう。

 

スーツは自分の体型に合ったものを選ばなければなりません。
間違ったスーツの選び方で多いのは、「でっぱったおなか周りを隠すために・・・」
「やせた体型を隠すために・・・」という理由で、大き目のサイズを選んでしまうことだそうです。
いつも私がスーツを買うお店の仕立て屋さんが言ってました。

仕立て屋さんから教えてもらった体型別の正しいスーツの選び方は・・・

 

太った人のスーツの選び方

まず、スーツのvゾーン(ネクタイの見える場所)は、ゆとりがあるものを選ぶこと。
このvゾーンが狭いと、窮屈に見えてしまい、かえって太った体型を目立たせてしまうのです。

上着の後ろは、サイドベンツにすること。
センターベンツだと不自然な割れ方をしてしまい不恰好に見えるらしい。

パンツはタックを多くし過ぎないこと。
タックを多くし過ぎると、おしり周りがだぶついて見えてかっこ悪いようです。

 

やせた人のスーツの選び方

やせた人は体を大きく見せたがるため、肩幅が広めのスーツを選びやすいそうです。
しかし、肩幅がフィットしていないと「スーツに着られている」という感じになり、非常に
格好悪い。その為、まずは肩幅は体にフィットしたものを選ぶこと。

また、vゾーンに余裕があると貧弱に見えてしまうため、3ボタンスーツでvゾーンが
狭いスーツを選びましょう。

 

足が短い人のスーツの選び方

足の長さが気になる人は、パンツの裾を短めに取る「ハーフクッション」にしましょう。
パンツが長いと足の短さが強調されてしまいます。上着も同じで、気持ち短めに
してもらいましょう。

 

スーツのサイズを上手に選んで、自分の体型に合ったかっちょいいスーツを選びましょう!

スポンサードリンク
ファッションを語ろう!
ファッション講座
メインコンテンツ
サイト内検索
管理者情報・プライバシーポリシー / お問合わせ

copyright (C) 2004年-2014年 サラコミュ All rights reserved.