サラリーマン&OLコミュニティ

「三人寄れば文殊の知恵」みんなで知恵を出し合って不安や悩みを解決しよう!
現在、仲間は616 名です。→簡単!メンバー登録はこちらから

ホーム |  掲示板 |  アンケート |  年収投稿

マイホームを夫婦共同名義にして節税しよう

マイホームを買って、住宅ローン控除を受ける場合も、節税対策が出来るんです。

その方法とは、夫婦共同名義にすること!
1人当たりの控除額は減りますが、夫婦合わせた控除額が増えて得になる場合があるのです。

”俺は持ち家だぜ!”と言う羨ましい方は、早速ご検討されてはいかがでしょう?

今の住宅ローン控除の制度は、ローンの残高の1%が最大10年間にわたって
還付されるというものです。

つまり、3,000万円のローン残金があれば、年間30万円の節税になると言うことですね。

しかぁーし!

住宅を取得する一般的な年代の所得税の年額は、20万円から30万円です。
よって、夫の所得税額が20万円なら、20万円までしか還付を受けられないと言うことなんです。

自分が払った税金以上に、税金が還付されないのは当たり前ですよね・・・
余った10万円分の控除は諦めなければならないのです。

そこで!!

もし、妻が同じくらいの収入があり、共同名義にすれば、15万円ずつ控除を受けられますよね!
つまり、夫婦合わせて30万円まで還付を受けられ、夫単独の名義の場合に比べ、
”10万円のお得” となるわけです。

住宅ローン減税は控除対象となるローン残高の限度額が、5,000万円から2,000万円へと
段階的に縮小される見込みらしいので、夫婦共に控除を受ける、この制度はより有効になります。

ただし、夫婦それぞれの年収によっては、お得にならない場合がありますのでご注意を!

スポンサードリンク
節税対策
節約・節税で語ろう!
メインコンテンツ
サイト内検索
管理者情報・プライバシーポリシー / お問合わせ

copyright (C) 2004年-2014年 サラコミュ All rights reserved.