サラリーマン&OLコミュニティ

「三人寄れば文殊の知恵」みんなで知恵を出し合って不安や悩みを解決しよう!
現在、仲間は616 名です。→簡単!メンバー登録はこちらから

ホーム |  掲示板 |  アンケート |  年収投稿

贈与税とは?贈与税を知ろう!

贈与税とは、個人から現金や不動産など価値のあるものをもらった時にかかる税金です。また、実際の価値よりも著しく低額で財産を譲り受けたり、債務を免除してもらったときにも贈与税は適用されます。

贈与税の課税対象となるものは?

個人から年間110万円(基礎控除額)を超える財産をもらったときには贈与税がかかります。贈与税は贈与によってもらったすべての財産にかかります。この財産には、現金、預貯金、 有価証券、土地、家屋、貸付金、営業権など金銭に見積もることができる経済的価値のあるものすべてが含まれます。

なお、贈与ではあるが非課税とされるものがあります。
たとえば、扶養義務者からもらう生活費や教育費、その他香典、歳暮、お見舞いなど社会通念上相当と認められるものは贈与税がかかりません。

 

贈与税の計算方法

贈与税は1年間(1月1日から12月31日まで)にもらった財産の価額の合計額から基礎控除額110万円を引き、その残額に贈与税の税率を掛け、さらに控除額を差し引いた額が納税額です。

贈与税額=(贈与財産の合計額−110万円)×税率−控除額

例えば、祖父より現金300万円、義父より不動産(評価額500万円)をもらった場合

(300万円+500万円−110万円)×40%−125万円=151万円(贈与税額)

 

贈与税の速算表

税額の求め方=a×b−c

 

基礎控除後の課税価格(a) 税率(b) 控除額(c)
200万円以下  10% − 
300万円以下  15% 10万円
400万円以下  20% 25万円 
600万円以下  30% 65万円 
1,000万円以下  40% 125万円
1,000万円超 50% 225万円 

 

以上が贈与税に関する基本的知識になりますが、贈与税って耳にしますが、払ったことのある人を聞いたことはありません。親に車を買ってもらう人も結構多いけど、そんな人が贈与税を払ったと言うことは聞いたことがありません。あなたはありますか?だから、よっぽどのことが無い限りあまり気にする必要はないのかな?とも思います。

スポンサードリンク
節税対策
節約・節税で語ろう!
メインコンテンツ
サイト内検索
管理者情報・プライバシーポリシー / お問合わせ

copyright (C) 2004年-2014年 サラコミュ All rights reserved.