サラリーマン&OLコミュニティ

「三人寄れば文殊の知恵」みんなで知恵を出し合って不安や悩みを解決しよう!
現在、仲間は616 名です。→簡単!メンバー登録はこちらから

ホーム |  掲示板 |  アンケート |  年収投稿

投資信託の種類

一口に投資信託と言っても、色々な種類があります。
投資信託は運用対象や募集方法によって、いくつかの種類に分類できます。


『運用対象』つまり何に投資するかによって分類すると2つに別れます。
公社債投資信託株式投資信託です。

 

公社債投資信託とは?

公社債投資信託は、国債、地方債、社債などの債権で運用する投資信託です。
運用対象に株式は一切含まれていません。

ハイリスクハイリターンではなく、安定運用を重視した投資信託です。  

あまりお金に余裕が無く、リスクは犯したくないけれども銀行預金よりは
率のいい運用がしたいな!と言う方にオススメですね。

 

株式投資信託とは?

株式投資信託はその名の通り、株式を中心に運用し、高利回りを狙う投資信託です。

預貯金や公社債投資信託では得ることのできない高い利益を狙うことができる投資信託です。
お金に余裕があって、お金を増やしたい!と思う方にオススメですね。

 

『募集方法』で分類すると単位型と追加型の2つタイプに別れます。

 

単位型とは?(ユニット型)

決められた募集期間に集まった資金だけで運用し、募集締め切り後には
新規資金の追加を受け入れないものです。

通常は、運用期間が設定されていることと、クローズド期間が設けられています。
(クローズド期間とは購入してから解約できるようになるまでの期間)

運用期間が終了すると、運用していた資金は払い戻しされます。

・メリット :高金利及び株価が底値圏にあるときに設定されると
       高い運用成績が見込める。
・デメリット:換金できない期間がある。
       運用実績を確認する前に投資の決断が必要。

 

追加型とは?(オープン型)

いつでも購入、換金できる、運用期間が設定されていないものです。
(運用期間が設定されている場合もありますが、長期での運用です。)

現在は、公社債投資信託、株式投資信託共に追加型が募集形態の主流です。

運用成績を見ながらファンドを選べる、換金性が高いと言う理由から、
追加型に人気が集まり現在の主流になっています。

・メリット : 換金性が高い。
        運用実績を見たうえで投資できる。
・デメリット: 解約が増えると運用収益が低下する可能性あり。
        (運用成績が良いと利益確定のため解約が増える傾向あり)

 

さらに、投資信託は投資方針によってもいくつかに分類されます。
投資方針というのは、そのファンドがどのような投資目的で、どんな投資対象に、
どのような投資手法で投資するかということです。

 

投資方針による分類

国内株式型 約款上の株式組入限度70%以上のファンドで、主として国内株式に投資するもの
国際株式型 約款上の株式組入限度70%以上のファンドで、主として外国株式に投資するもの
バランス型 約款上の株式組入限度70%未満のファンドで、株式公社債のバランス運用、あるいは公社債中心の運用を行うもの
転換社債型 約款上の株式組入限度30%以下のファンドで、主として転換社債に投資するもの
インデックス型 株式への投資に制限を設けず、株価指数インデックスなどに連動する運用成果を目指すもの
業種別インデックス型 約款上の株式組入限度70%以上のファンドで、主として国内の特定の業種に属する株式に投資するもの
派生商品型 派生商品を積極的に活用するファンドでヘッジ目的以外に用いるもの
ファンド・オブ・ファンズ 主に他の投資信託に投資するもの
 *インデックス : 市場全体や特定グループ(業種など)の値動きを示す指標。
             国内株式市場の値動きを表すインデックスでは、日経平均株価、
             東証株価指数(topix)が代表的。
 *ヘッジ     : 「回避する」という意味。
スポンサードリンク
投資術
投資関連掲示板
メインコンテンツ
サイト内検索
管理者情報・プライバシーポリシー / お問合わせ

copyright (C) 2004年-2014年 サラコミュ All rights reserved.