サラリーマン&OLコミュニティ

「三人寄れば文殊の知恵」みんなで知恵を出し合って不安や悩みを解決しよう!
現在、仲間は616 名です。→簡単!メンバー登録はこちらから

ホーム |  掲示板 |  アンケート |  年収投稿

投資信託のリスクを減らすドルコスト平均法

リスクを減らす方法の代表的方法は、ドルコスト平均法です。

ドルコスト平均法は、投資信託の平均購入代金を低く抑える為の方法です。
やりかたはとても簡単で、1つの投資信託に対して定期的に、同じ金額の投資を
行うだけです。

投資を行う金額はいつでも一定ですから、基準価格が低いときにはより多く購入できますし、
基準価格が高いときには少ししか購入できないことになります。結果として、購入平均コストは、
常にその投資信託の平均市場価格よりも低くなります。

ここでご注意頂きたいのは、同じ金額を投資するのであり、同じ口数ではないことです!
以下の表をご覧下さい。

  1回目 2回目 3回目 4回目 合計 平均購入単価
ドルコスト
平均法
10,000口 11,112口 8,696口 10,527口 40,335口 9,917円
10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 40,000円
一定口数購入 10,000口 10,000口 10,000口 10,000口 40,000口 10,000円
10,000円 9,000円 11,500円 9,500円 40,000円

お分かりいただけました?
口数で買うのではなく、金額で買うと平均購入単価が抑えられるのです。

投資する金額を一気に投資すると、高いときに買ってしまうというリスクがありますが、
ドルコスト平均法を使って、一定金額を定期的に投資すれば、リスクは抑えられるのです。

ただし、ドルコスト平均法は利益を約束するものでも、マーケットの下落時に損失を防いで
くれるものでもないということを覚えておいてください。

また、マーケットが下がっているときにも継続して投資できるのかどうかということもよく考える
必要があります。

最後に、これは中長期的な投資方法ですので、短期的な利益を見込む場合には
向いていません。

スポンサードリンク
投資術
投資関連掲示板
メインコンテンツ
サイト内検索
管理者情報・プライバシーポリシー / お問合わせ

copyright (C) 2004年-2014年 サラコミュ All rights reserved.