サラリーマン&OLコミュニティ

「三人寄れば文殊の知恵」みんなで知恵を出し合って不安や悩みを解決しよう!
現在、仲間は616 名です。→簡単!メンバー登録はこちらから

ホーム |  掲示板 |  アンケート |  年収投稿

節約への目覚め

私が、節約に目覚めた訳をご紹介!
興味無いかも知れませんが・・・

私が、物心付く前は「あれ買って、これ買って」とワガママな子供だったらしいです。
しかし、物心付いてからは、とにかくお金を使うことが嫌でしょうがないんです。

お金を使うことと言うよりも、お金を貰うことが嫌でしょうがなかった。

お小遣を貰うもの嫌で、必要なときに必要なだけお小遣を貰い、一切無駄遣いはしませんでした。
節約意識が高いのは、生まれ持った性格でしょうか?それとも、幼児期に何か体験したのでしょうか?

親がお金のことで喧嘩しているのを見て、ショックを受けたとか・・・

理由は定かではありません・・・

 

そして、小学生になった時、仲の良かった友達が新聞配達を始めたんです。その彼は、好きなおもちゃは買い放題、学校帰りの買い食いはし放題!!うらやましいのと、その行動を自分の稼ぎで行っている事に、尊敬してしましました。

彼の影響を受け、 「経済的に独立したい」

小学生にして、こんな意識が生まれたのです。

新聞配達は結局親に反対され、実現出来ませんでした。
そこで、私はどうしたか!

お小遣を貰うのが嫌いだった私は、お年玉を貯金して、そのお年玉で1年間を過ごすようにしたのです。

 

小学生にして、節約生活の始まりです。

大好きなキャラクターの付いている文房具は高いから、ぐっと我慢して、安い文房具を買う!

■友達と遊びに行って、お菓子を買うときも、ぐっと我慢して、安いお菓子を買う。
 (お菓子を買いたくは無かったのですが、貧乏と思われたくないので、いやいや
  買っていた記憶があります。)

■新しいファミコンソフト(なつかしぃ~)が出ても、買わない!人から借りるか、
 中古ソフトとして出回るまで買わない!

■etc・・・

なんて、けなげな小学生だったんだろう・・・
こんな感じで、高校時代まで過ごしてました。

 

高校生の時は、さすがに辛かった。
お年玉のやりくりだけでは、とても友達付き合いについていけなかった・・・
どうしてもお金が足りなくなり、何度かお小遣を貰ったことがあります。

 

そして、大学生になり念願のアルバイトを始めました。
そこで、お金に対する価値観がさらに高まりました!

晴れて大学生になった私は、小学生からの念願だったアルバイトを始めました。
アルバイト代は時給600円でした。

つまり1分10円、10分で100円です。(計算しやすぅ〜)
この計算しやすさが良かったのでしょう!

アルバイトを始めてからは、すべてのものを労働時間で換算するようになったのです。

100円のジュースは10分の労働!

■3,000円の飲み代は5時間の労働!

■10,000円の洋服は16時間の労働!

 

当時私は、ガソリンスタンドでアルバイトしていました。
夏は暑く、冬は寒い中、外でせっせとガソリン入れたり、冷たい水を使って洗車をし、
手が荒れたりしながら・・・

労働の大変さを知った私は、

『この100円のジュースを買えば、10分間の労働対価を払うことになるのか!』

『この10,000円の洋服は、16時間働かないと買えないのか!?』

と思うようになったのです。
こう思うと、衝動買いが出来なくなったんです(>_<)

衝動買いは、節約の大きな敵・最大の宿敵です。
この宿敵である「衝動買い」と言う名の欲望に勝つ術(すべ)を、学生時代のアルバイトで
身に付けたのです(b^ー゚)♪グッ!

これが、節約に目覚めた理由であり、節約を習慣付けている理由です。
節約が成功するか否かは、どれだけ節約術を知っているかではなく、
節約の習慣を身に着けているかどうか!だと思います。

スポンサードリンク
節約・節税で語ろう!
節約術
メインコンテンツ
サイト内検索
管理者情報・プライバシーポリシー / お問合わせ

copyright (C) 2004年-2014年 サラコミュ All rights reserved.