サラリーマン&OLコミュニティ

「三人寄れば文殊の知恵」みんなで知恵を出し合って不安や悩みを解決しよう!
現在、仲間は616 名です。→簡単!メンバー登録はこちらから

ホーム |  掲示板 |  アンケート |  年収投稿

ニーズでなくウォンツで考える

商談をまとめるためには、相手のニーズを考え、相手のニーズを満たすためにはどうすればよいのか?どのような商談展開に持ち込めばよいのか?と考えます。

もちろん、人は自分の欲望・ニーズを満たすために消費行動を起こすため、相手のニーズをつかみ、ニーズを満たす商談を行うことは間違いではありません。

しかし、「相手のニーズは何だろう?」と考えるとどうしても一般常識的な考えに至ってしまいます。相手の考えを想像しようとするため、常識と逸脱しないありふれた考えしか生まれません。新しい発想が生まれにくいのです。

そこで、「ニーズ」ではなく「ウォンツ」で考えると言うこともたまには必要でしょう。ウォンツつまり「自分が欲しい」で考えるのです。

そうすると「人はどう考えるんだろう?」と言う思考回路から「自分だったらこう考える」と言う発想になります。自分本位で物事を考えるため、発想の自由度は高まります。そして、新しい奇抜な考えが生まれる可能性が高くなります。

また、「ニーズ」は一般常識や統計、過去の経験からの発想になりますが、「ウォンツ」は自分の感情が発想の原点となるため、他と差別化を図れる考えが生まれやすくなるでしょう。

こうして生まれた奇抜で新しい考えが商談をまとめるキーとなることもあると思います。

たまには「他人本位」でなく、「自分本位」で物事を考えてはいかがでしょうか?
「ニーズ」ではなく「ウォンツ」です。

スポンサードリンク
お仕事関連掲示板
仕事術
メインコンテンツ
サイト内検索
管理者情報・プライバシーポリシー / お問合わせ

copyright (C) 2004年-2014年 サラコミュ All rights reserved.